クレジットカードを作る理由として、ポイントを貯めたいからという人も結構多いと思います。確かに、同じ買い物をするにしてもポイントがつけばそれだけお得ですからね。

実際にクレジットカードを使って買い物をしたことにより、かなりたくさんのポイントを貯めることも可能です。そう考えると早い段階からクレジットカードを持つことが必要といえます。

12696360474_2376446bb7.jpg

そして、何を買い物するにもカードを利用しておいた方が得かもしれません。それこそ、コンビニでの買い物や公共料金の支払いなどもクレジットカードを利用しましょう。

なお、それぞれのクレジットカード会社から発行されているカードには、ポイントプログラムというものが、ほとんどあります。そのカード会社によって特徴がありますからね。

どのカードを持てばより多くのポイントを得られるかということを考えてみるのもいいですね。実際に比較してみて、お得だと思うカードを手に入れるようにすると良いでしょう。

ただ、実際にはたくさんのクレジットカードが世の中にありますので、どのカードを選べば良いか迷うことは多いと思います。何より人によって比較するところは様々でしょう。

そんな時にポイントにこだわりを持つということをしてみれば、カードを選びやすくなるはずです。マイルやTポイントなど、提携しているカード会社によって違いますし、その種類も様々です。

よく買い物に行くところや使うシーンを考え、自分にあったポイントがためられるクレジットカードがあればとても理想的なポイントの貯め方が出来るのではないでしょうか。

クレジットカードは今や多くの企業から作ることができますからね。日々の生活をする上で、自分にあったクレジットカードをきっと見つけることができると思います。

カードを使えば使うほどたくさんのポイントが貯まると思うと、買い物をすることがとても楽しくなってくることでしょう。そういう楽しい気持ちにさせてくれるのも、クレジットカードの魅力の一つですね。

クレジットカードは現金を持っていなくてもカードを提示することで、買い物などができるという大変便利なカードです。そして、現在では、クレジット機能の他にも便利な機能が搭載されているクレジットカードがいろいろとあります。

例えば、何枚もカードを持つ必要がなくなるといった点では、クレジットカードとキャッシュカードが一体化されたクレジットカードは使えます。

また、ICがついているクレジットカードは、確かな身分証明書にもなってくれます。そして、大変便利なのが電子マネーがついたクレジットカードです。電子マネーとは、電子マネーカードに現金をチャージすることで、現金を持ち歩かなくても買い物をすることができる機能です。

身近なところでは、改札を通る時にタッチするだけで電車に乗ることができるSuica(スイカ)やPASMO(パスモ)などがあります。Suica(スイカ)やPASMO(パスモ)は持っていれば、いろいろなところで買い物をすることだってできますからね。

これも、電子マネーの1つです。コンビニなどで小さな買い物をする時、クレジットカードに電子マネーがついていたら、カードをかざすだけで買い物が終了し、サインをする必要もないので、すばやく買い物を済ませることができるからかなり便利です。

Suica(スイカ)やPASMO(パスモ)一体型クレジットカードいえば、三井住友VISAカードはおすすめです。PASMO一体型クレジットカードでありながら、海外旅行傷害保険サービスにショッピング保険サービスなどが付帯しているからです。

18歳以上の学生でも入会できるので、通学に電車・バスを使う学生さんがもつ最初のクレジットカードとしても、三井住友VISAカードを申し込むのは、いいかもしれませんね。

crecacard01.jpg

ただ、電子マネーはクレジット決済ではないので、一定の金額をチャージしておかなければなりません。ですので、電子マネー一体型クレジットカードは、電子マネーとクレジットカードは独立したものと考えた方がいいでしょう。

なお、クレジットカードの種類によってはチャージをする必要がなく、精算はクレジットカードですることができる、電子マネー一体型クレジットカードもあります。こちらのカードの方が便利さという点では、持っている価値が高いのかもしれません。

毎月、決ったときにくる支払いに公共料金があります。多くの人は、銀行をはじめとする金融機関の口座振替、もしくは、郵送されてくる振込用紙からのコンビニ払いという支払い方式をとっているのではないでしょうか!?


この前もコンビニで支払いをしている人を見かけましたが、実は結構、もったいないことをしてるんです。何がもったいないかと言うと、普通に考えて見ても分かりますが、口座振替や振込み用紙の場合は、ただ、請求された金額を支払っているだけです。

それが当たり前なのでは!?という人もいると思いますが、賢くクレジットカードを使っている人は、公共料金の支払いもクレジットカードを使うのです。それは、何故か??・・・利用金額に応じたポイントが貯まるからです。

crecacard.jpg

その上、一般カードながらブラックカードのような輝きを放つ、P-one FLEXYカードのように公共料金の支払いにカードを使えば、1%割引されるサービスなどもあるので、ポイントを稼ぐ以外にも得するわけです。

公共料金には、電気料金、ガス料金、水道料金、電話料金などありますが、電気料金、電話料金は、全国どこでもクレジットカード払いに対応しています。ガス料金、水道料金に関しても、対応しているところがどんどん増えてきています。

ただ、1つだけ注意しなければならないのが、口座振替だと割引を適用しているところがあるからです。その場合は、電気料金から発生するポイントの価値をしっかりと計算してみて、どっちがお得なのかを見極めてみましょう。